仕事の効率化とTOP1%の話。

■仕事の効率化を考える。
仕事で笑えるために、今頑張っているテーマがあります。
それは、

「チームが喜ぶアウトプットをする」

ということ。
具体的には、「出し方」の勉強、研究、実践です。
なんだか堅い話ですね。

言い換えると、持ってるネタを、より必要とされる形で提供する。
というもの。

同じ人は一人もいないけれど、職域でみれば、自分と同じようなことをしている人なんて無数にいます。
しかし、クオリティについては千差万別。

であるならば、「同じ職域の中で勝っていける人」になるのは何が必要なのだろうかと。
この営みをすることは、プロ野球然り、生命保険の営業然り、

【トップ1%と苦戦している人の違いとは何か?】

を追求することに繋がっていると考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA