ストレス=現状認識と理想像の乖離×時の経過×事実を前にした自身の解釈

本稿では、ストレスの原因とその解決策、その先にあるものに対して整理しています。

1、ストレスを減らすには??

ストレスがある人は、「解釈する力」を鍛えると、ストレスを軽減できます。

それから、「期待値調整」。うまくいかなかった時に、ストレスを抱えるけれども、そもそものうまくいく結果に対して見積もりを厳しくしておくと、不本意な展開に対しても落ち込むことなく向かい合うことができます。

 

2、ストレスを解決するには?

ネバり強そうな人の本質を探ると答えが見つかるかもしれません。それは、ストレス管理が上手な人なのかもしれません。もしくは、集中力が高い人なのかもしれない。

やりたいことに向かって集中しきっている状態だと、些細な失敗などに足を絡め取られることがない。

また、過剰な期待を抱かない人であれば、そもそも失敗しても淡々としている。出来事が熱くなく、エキサイティングしなかもしれないけれど。

3、ストレス軽減の先に

1つの確固たる目標があると、ストレス耐性が高まります。

その目標が自分にとって必要不可欠で、通過点で、最終到達地であればあるほどに、時の経過とともに強固なものになっていきます。

そこに至るまでの過程は、すべて有益なこと。

ある会社が、社員に向けて放つメッセージには、「(すべて目の前の人は、)我々の顧客となるか、応援者となるか??」です。

お客かお客じゃないか??ではないのです。全員、賛同者共感者となるし、その一部が顧客となるというなんとも強い認識でしょう。そのような観点で、見渡すとまた違った景色が見えますね。

 

自分の目標達成に向けて、ネバリつよく、愚直に突き進んでいこうと再度決心いたします!!

今日もビジネスと家族との絆を楽しみましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA